日本縦断鉄道紀行 2日目

8月20日、6:26分特急スーパーおおぞらに乗り釧路駅を出発した。2日目は北海道を出て東北は秋田へと向かう。

天気は前日同様に曇り、霧も出ていた。列車の車内指定席は8割ほど埋まっていた。車窓はあまりよくなく前日も到着がかなり遅かったため釧路を出てすぐに眠ってしまった。時々時間を確認するために起きたが、信号場がかなり多い印象だった。後からネットで検索してみたがそれは間違いではなく、根室本線、石勝線は特に信号場が多い路線だった。

列車の中ではほとんど眠っていたので、感覚的にはすぐに乗り換えの南千歳に到着した。10:13分のことだった。南千歳駅はこれから通る千歳線や隣には新千歳空港駅もあるため、本数も多く、昼前だったが人もそこそこいた。ここでは特にできることもなかったので列車で食べる弁当を購入した。

11:15分、私は特急スーパー北斗に乗車した。さすが大動脈、車内はほぼ満席。自由席もかなりの混雑率だっただろう。札幌から函館の区間は何度か乗車したことがあるが毎回こんな感じだ。

乗車してしばらく、昼になったころ、私は先ほど購入しておいた弁当をいただくことにした。弁当はまたもや海鮮系。前回、海鮮は飽きたというようなことを書いた気がするが、つい海鮮にしてしまった。ここは北海道だもの仕方がないということにしておこう。やはり列車の中だと駅弁がうまい。時々駅弁フェアなるものが解されていて駅弁を購入して家で食べることがあるが、あまりおいしいとは感じない。駅弁というのは列車の中で食べるからおいしいのだ。

昼食の駅弁。卵焼きの下に海鮮が入っている。

ここで少し自慢話をしようと思う。旅行とは全く関係ないので飛ばしてもらっても構わない。先ほどこの区間は何度か乗車したと書いたが、その時に乗車した列車の話だ。この区間、半分ほどは今回も乗車したスーパー北斗だが、残りは夜行列車で通った。といっても、小学生のころはなかなかの鉄道好きだった。なのでそのときに乗車したのだ。

まずはカシオペア。一度は聞いたことがある列車名だろう。2015年に惜しくも引退した列車だ。全車A寝台という何とも豪華な列車だった。乗車したのはかなり前のことだったのでよくは覚えていないが、サービスを含めて豪華だったのは覚えている。

そしてトワイライトエクスプレス。この列車も2015年に引退した列車だ。列車の外観が深い緑でおしゃれな見た目。そして、昼過ぎに駅を出たのに降りるのは次の日の昼という面白い列車だった。

最後にはまなす。これはかなりマニアックな部類に入るだろう。この列車は夜行急行という部類に入る。これも2016年に廃止となった。はまなすは、JR最後の定期急行であり、最後の定期客車列車であり、最後の青函トンネルを通過する定期夜行であった。カーペット車があったり、二段寝台があったり、座席車があったりと面白い列車だった。

急行はまなす

さて、話を戻そう。14:12分、列車は新函館北斗に到着した。ここからは北海道新幹線に乗車する。久々の電車だ。14;48分、はやぶさに乗車し、いよいよ北海道を出て、本州に入る。ここでは特に書くことはない。なんせトンネルばかりなのだ。

15:50分、新青森に到着した。あっという間だった。ここからは奥羽本線に乗り換え本日の目的地、秋田へと向かう。次で本日最後の列車だ。

16:04分、特急つがるに乗車した。ここから秋田までは2時間半ほどだ。

発車してしばらく、車窓には田んぼが広がっていた。この景色を見ると本州に入ったということとともに今、東北地方にいるということを感じさせられる。北海道の広大な景色も良いが、山や海などに囲まれたこの景色も良い。

つがる車内より

列車は順調に進み、終着秋田に到着した。ホテルのチェックインを済ませ、私は晩御飯を食べることにした。秋田というときりたんぽが浮かぶが今は8月、米の時期はまだ先だ。なので私はこちらも名物、稲庭うどんをいただくことにした。稲庭うどんは平べったい麺が特徴だ。食感はつるっとなめらかで大変美味であった。

稲庭うどん

2日目はここまで。3日目に続く。